ニーズが高い訪問看護師、そのやりがいとは

人間関係が良くない、辞めたい、転職したいと思ったら見るサイト

ニーズが高い訪問看護師、そのやりがいとは

病院以外にもさまざまな働き方がある看護師ですが、その一つとして最近増えているのが訪問看護です。これは入院せずに在宅で療養している患者さんの自宅を訪問して、さまざまな医療サービスを行なうものです。住み慣れた自宅での療養は、病院に入院しているのと比べて、患者さんにとってはるかに安心感があります。お世話をする家族からしても、自宅と病院の行き来をしなくて済むのでその面での負担が減ります。その他さまざまなメリットがあることから、可能なら病院よりも自宅で療養したいと考える人が増えています。実際、厚生労働省のプロジェクトチームによるある調査によると、自宅で療養して、必要になれば病院などを利用したいと回答した人を合わせると、6割以上の人が「自宅で療養したい」と考えていることが分かりました。そこで厚労省は、国民の希望に応える療養の場を確保することを喫緊の問題ととらえ、施策を総動員して在宅医療・介護を推進しています。そのため、今後訪問看護師のニーズはますます増えていくことが考えられます。 できるだけ一人ひとりの患者さんに寄り添いたいという願いを持って看護師になった人の中には、少ない人数で多くの患者さんを急いで診なければならない病院での看護にジレンマを抱えながら職務に当たっている看護師さんも少なくありません。その点訪問看護師の場合、1時間ほどの時間がその患者さんのためだけの時間になるので、病院などでの通常の看護業務ではなかなか味わえないやりがいを感じることができます。現場で活躍されている訪問看護師さんたちによると、それはあたかも「患者さんの生活の中に入っていき、患者さんと共に生きる」ようなものとのこと。患者さんやご家族が自分を頼りにして待っていてくれるときや、心から「ありがとう」と言ってもらえたときなどは、「訪問看護師になって良かった」と思える瞬間でしょう。また、患者さんの自宅に訪問する医療従事者は自分1人なので、患者さんの容態に応じて主体的に考え行動することが求められます。責任は大きいですが、その分やりがいも大きなものとなります。

トップページに戻る