「美容クリニックの看護師は高給」、そのわけは?

人間関係が良くない、辞めたい、転職したいと思ったら見るサイト

「美容クリニックの看護師は高給」、そのわけは?

体力面でのきつさから、夜勤がない看護の仕事を探している看護師さんの中には、「美容クリニックは夜勤がなく、なおかつ給料が高い」という評判を聞いたことがある方もいるかもしれません。実際のところはどうなのでしょうか。 給料が高いというのは嘘ではありません。実際美容クリニックの求人情報では、月給30万円から40万円以上というものもあります。そのわけは、主に美容クリニックが自由診療で医療行為を行なうことにあります。美容外科はご存知の通り、顔の整形手術や豊胸手術、脱毛処理やシワ取り治療など、美容のための診療をもっぱら行なうため、保険のきかない自由診療で、クリニック側が自由に治療料金を設定できます。そのために病院によって売上高にかなりの差があり、それが看護師などのスタッフの給料にも反映されるというわけです。 美容クリニックには美容外科と美容皮膚科があり、美容外科の方が美容皮膚科よりも給料が高いのが普通です。これは、美容皮膚科がシミ治療やシワ取り治療、ニキビ跡の治療などを主に扱っているのに対し、美容外科では体にメスを入れる施術も多く、治療もより難しいレベルのものになります。通常の病院勤務の看護師と違って、こういった美容外科で勤務する看護師は、手術室で執刀する医師の補助的な仕事もする場合も多いです。そのため仕事内容もより専門的なものになる場合があります。手術室勤務の経験があったり、外科の病棟で勤務していた経験がある看護師さんは、適応しやすいかもしれません。 ただ、高給には別の要素もあります。そこで勤務する看護師さんにも、営業ノルマが課される場合があるのです。もちろんノルマを達成できればそれだけ高収入となりますが、大抵の場合お金を使ってくれるお客はすでに先輩看護師・スタッフたちに押さえられていて、新しく入ったスタッフには、あまりお金を持っていない若い子や主婦などしか回してもらえない、というような実情もあるようです。残業の有無や残業代の支払いに関しても、普通の病院と比べてきっちりとしていないクリニックも見受けられます。選ぶ際はその辺もしっかり調べましょう。
トップページに戻る