ベテラン看護師と夜勤

人間関係が良くない、辞めたい、転職したいと思ったら見るサイト

ベテラン看護師と夜勤

看護師にとって2交代がいいのか、3交代がいいのか、インターネットのいろいろなサイトで熱い議論がなされています。2交代、つまり日勤と夜勤で看護師を回す勤務体系が多い理由は、それが病院経営にとってメリットとなっているからです。準夜勤がないので、その分の残業代がカットでき、人件費も日勤と夜勤の少ない人数で回せるので安く上がります。働く看護師にとっても、長時間勤務にはなりますが、まとまった休みを取りやすかったり、深夜の帰宅や出勤をしなくていいので安全面でのメリットもあります。 しかし、2交代勤務の夜勤は長時間勤務を意味します。年齢を重ねていくうちに夜勤がきつくなり、離職率が上がってしまいます。それによって深夜の病院が比較的経験年数の少ない新人看護師が多くなると、患者さんたちから不安の声が上がるようになります。そこで病院側としては、経験豊富な看護師にも病院にとどまり、夜勤をしてもらいたいわけです。そのためには夜勤の看護師さんたちができるだけ負担の少ない勤務ができるように、看護師の人数の確保や仮眠室の充実とともに、子どもを持つ看護師のため保育施設なども充実させる必要があります。このように病院側の経営努力により、2交代の看護師の離職率は下げられるといわれています。 3交代と比べ、2交代は病院側にも経営メリットの大きい勤務体系です。2交代制を保つ経営努力により、ベテラン看護師を含めてより良い看護を夜間でも提供できるので、結果的に患者さんにもメリットが及びます。また転職を考えている看護師としても、夜勤があるのかないのか、2交代か3交代かは、就職先を決める上で大きな決め手になります。2交代でも仮眠を取りやすい職場、例えば夜勤をナースコール対応だけにしているところや、快適な仮眠室がある職場は看護師の間でも人気で、ベテラン看護師も転職してきやすい職場と言えます。それはつまり、夜間、緊急時にベテラン看護師に対応してもらえる、患者さんたちにとっても安心できる病院といえます。
トップページに戻る