人間関係が良くない、辞めたい、転職したいと思ったら見るサイト

看護師を辞めたいと思う理由

さまざまな理由で、看護師を辞めたいと思っている人は多いです。ある労働実態調査によると、常に辞めたいと思っている看護師は約2割、時々辞めたいと思う看護師は6割弱いて、合わせるとなんと8割近くの看護師さんが仕事を辞めることについて考えています。辞めたい理由の第1位は、人手不足で仕事がきついというもの。看護師不足は業界全体の問題のため、ギリギリの人数の看護師で回している病院は普段から仕事量が多く、病院内を駆けずり回るような忙しさで、日々辛いと思いながらそれこそ過労状態で働いている看護師さんも多いようです。 看護師を辞めたい理由の第2位は、給料が安いこと。看護師の給料は、新卒から数年間は他業種と比べても高いですが、昇給率がそんなによくないため、数年後に他業種の平均年収に追いつかれ、そのあとどんどんと追い抜かれることになります。看護師の給料は大抵基本給が低く抑えられており、夜勤手当や時間外手当、残業手当など他のさまざまな手当が付くことで給与総額が高くなる傾向にあり、そのことも昇給率が高くないことの原因かもしれません。 そして辞めたい理由の第3位は、1番目の理由の人出不足にも関係していますが、休みを取りたくても取れないというものです。年間120日以上休日が取れる施設も中にはありますが、年間100日以下という病院が多いようです。 また他にも辞めたい理由として、夜勤がきついということもあります。実際先に挙げた調査でも、2交代と3交代の勤務体系で働いている人の方が、日勤のみで働いてる人よりも「常に辞めたい」と思っている人の割合が高いことが分かりました。 よく言われる「同僚・先輩看護師との人間関係」は1位から4位までには入っていません。それだけ看護師さんを取り巻く労働環境が文字通りハードになっていることが表われている調査結果ですね。もちろん生活のために働いているという看護師さんもいるかもしれませんが、その働きには本当に頭が下がります。今はネットを通して、色々な条件を付けて求人情報を探すことも簡単になってきています。こうした情報もうまく活用して、くれぐれも体だけは壊さないようにしていただけたらと思います。

看護師1年目、転職は可能?

 厳しい看護学校と国家試験を乗り越え、期待と不安の入り混じった気持ちで入職。でも看護師1年目は途中で辞めたくなる事の連続ですよね。一言で大変だといっても理由はさまざま。ちょっとしたミスも許されないプレッシャーや、先輩看護師・師長からのイジメ・パワハラ、残業や夜勤が多いわりに手当てが少ない、もしくは全く付かないなど…。でもこれまで看護師になるためにいろいろ大変なことにも耐え、猛勉強して頑張ってきたことを考えると、ここで看護師を辞めてしまってはもったいないですよね。では、そのような現状はどうしたらいいのでしょうか? まず、そう悩んでいるのはあなただけではありません。むしろ1年目に辞めたいと思ったことがない人の方が少ないでしょう。いつも怖い顔で怒ってくるあの先輩も、1年目の時は先輩に怒鳴られていたのです。こんな風に感じているのは自分だけではない。自分だけが看護師に向いていない、という訳ではないのだ。そう思えるだけでも、少し気持ちが軽くなるのではないでしょうか。とはいってもキツイ状況であることには変わりありません。そうなると、頭をよぎるのは別の病院への転職。でも看護師1年目で転職なんて可能なのでしょうか。 結論から言えば可能です。確かに1年たたずに転職の場合、採用担当者から「辛抱が足りない人」とみられる可能性はあります。また、看護の現場では「臨床経験3年で1人前」という見方が多く、1年目は経験として考慮されにくいこともあります。しかし、結局どこの病院も看護師は慢性的に不足しているので、1年目の看護師でも雇ってくれる病院は意外とあるんですね。体力的にも精神的にもキツイ毎日、自分の中に「転職することもできるんだ」というオプションを持っているだけで、心に余裕が出てきます。その結果、もう少しここで頑張ってみようと思えればそれもそれでいいわけです。選択肢もないままキツイ現状にただ耐えていると、それこそ精神がやられてしまう事にもなりかねないので、そうなる前に転職を考えてみるのが正解でしょう。

ランキングトップページ